検索
  • 健康古民家かのう

共同開催セミナー「古民家と創る地域の未来」

【延期のお知らせ】

4月18日(土)14時~16時開催予定でした杉本龍一先生との共同開催セミナー「古民家と創る地域の未来」は、新型コロナウイルス感染を受けた政府の緊急事態宣言および東京都の緊急事態措置を受けて、3ヶ月後の7月18日(土)14時~16時に延期いたします。

現在参加申込みされていらっしゃる方の参加登録は、7月18日(土)14時~16時のセミナーに引き継ぎます。7月18日(土)のご都合がつかない方のキャンセルには対応いたします。

皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますが、どうかご容赦ください。

引き続き、何卒よろしくお願い申し上げます。

……………………………………………………………………………………………………………………

「健康古民家かのう」共同開催セミナーです。2016年8月「古民家の再生と活用」講師の杉本龍一先生を再び古民家にお招きします。古民家再生の豊富な情報と事例をお伝えして、古民家と創る地域の未来を考えます。奮ってご参加ください。

※参加申込みは「こくちーずプロ」よりお願い申し上げます。https://www.kokuchpro.com/event/ec7e19e8c52c35185d3287f9bd4ee633/

「古民家と創る地域の未来」

2020年4月18日(土)14時~ 16時(開場:13時30分) 参加費:お一人につき2,000円 定員:先着20名様

☆講師 一般社団法人 古民家再生協会東京 代表理事 杉本龍一氏

☆ナビゲーション 全国に古民家は約156万棟ありますが、多くが建物の価値を評価されず残念ながら解体されています。 木の住まいにはなぜか懐かしさを感じ、人の心を落ち着かせる力があります。 人には木の住まいが好きというDNA が組み込まれているのだと思います。 古民家には歴史のある太く丈夫な木材がふんだんに使われており、そういった材料はなかなか手に入りません。 過去の大きな地震にも耐え現存している古民家は本来長持ちするものなのです。 そんな古民家を評価し、付加価値をつけ活用していく事が地域の未来を創っていく事に繋がっていきます。 今回はそんな情報と事例を紹介したいと思います。

☆講師プロフィール 1967年生まれ。静岡県伊東市出身。一級建築士。 父は大工の棟梁であったが、1982年がんにより他界。 大手ハウスメーカーに26年勤め住宅再生に関わってきたが、自身も2012年がんを患う。無事回復するもこれをきっかけに独立を決意。 2014年一般社団法人古民家再生協会東京を設立し、代表理事に就任。 古民家鑑定士等古民家に関係する資格の講師を務める傍ら、一般社団法人全国古民家再生協会の国土交通省リフォーム事業社団体登録に尽力。2018年登録と同時に同協会事務局長に就任。 全国68か所に支部を持ち、グループ組織の会員により古民家の安全性を評価し、有効に活用する提案を行っている。

19回の閲覧

 © 2016  健康古民家かのう  〒112-0011 東京都文京区千石 3-28-5  電話 03-3941-4303

  • Facebook Social Icon